ごあいさつ  ~感動や思いを色や形に託して~

 ◆ル・クレイヨン絵画教室では、自由で伸び伸びとした雰囲気の中、各々の個性と感性を尊重しながら創造する喜びを大切にいたします。

 

◆作品の制作や鑑賞を通して日々の生活の中に安らぎと潤いを感じ、心豊かで感受性に富んだ心情を育めるよう心掛けます。

 

◆表現する上での色彩や形体、道具についての基礎的な知識や能力を重要視し、それらを習得できるように努めます。

バイオリンを持つ女性の写生会にて <6月30日>
バイオリンを持つ女性の写生会にて <6月30日>

新着情報

▲New!  曜日変更のお知らせ

▲9月1日(日)より教室の曜日、時間帯を変更いたしました。木曜日の17:00~20:00が月曜日になりました。呉々もお間違えのないようにお願い申し上げます

▲New! 8月・9月・10月の平常教室の休講日のお知らせ

■8月13日(火)~15日(木)3日間休講…お盆休み

■8月29日(木)~31日(土)3日間休講…第5週目に付き 

■9月  1日(日)は、「女性ヌード写生会」のため平常教室は休講

■9月23日(月)は、平常教室は休講…秋分の日

■10月29日(火)~31日(木)3日間休講…第5週目に付き 

 

 

*各自が曜日の代替をお考えください  

▲9月1日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「女性ヌード写生会」を開催致しました。造形的にとても美しいモデルさんで「描きやすかった」と好評でした。

▲6月30日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて新人モデルによる「ヴァイオリンを持つ着衣女性を描く」写生会を開催いたしました。とても美しいモデルさんに皆さんがとても喜んで楽しく描くことができました

■6月22日(土)に大阪梅田スカイビル10Fにて「美術・デザイン・アニメ・マンガ・クリエイティブ・ものづくり系の37学校の作品展示&進学相談会」【さんぽう主催】が開催されました。今年も教室へ交通費無料の送迎用大型バスが手配され生徒、保護者、一般社会人の方々が参加致しました。

■6月3日(日)に「ONE DAY SEIAN LIFE (セイアンを体験しよう!)」と題した成安造形大学<滋賀県>のオープンキャンパスに40名が参加致しました。大学側が鳥取~大学間の交通費無料送迎大型バスを用意され、全員が昼食、プチケーキ、ドリンクを全て無料で頂き様々な企画に参加しました。生徒、保護者、一般社会人の方々を対象に入試相談、給付奨学生入試(国公立大並みの学費が4年間保証される制度)進学相談、就職相談、作品講評、合格作品鑑賞、在学生の作品鑑賞、各種ワークショップ<鉛筆デッサン、ステンドグラス手鏡作り、シルクスクリーンでバッグ作り、キーホルダー作りの4種類>、特別セミナー、大学生活、企画展覧会などを自由に見学し体験致しました。

■3月17日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「本を読む着衣女性を描く」会を開催致しました。

奨励賞作品:「煌の美鳥」 油彩・F10号 <小学6年生>
奨励賞作品:「煌の美鳥」 油彩・F10号 <小学6年生>

平成30年度第16回ジュニア県展【主催/鳥取県・鳥取県教育委員会】に教室生の7名<小学生4名、中学生3名>が出品されました。今回は、4名が入選され、内1名が教育長賞、1名が奨励賞を受賞されました。内3名は、3年連続の入選となり大変健闘されました。今展の内訳は、小学生の出品点数は2,772点の内、543点が入選<約5.1倍>。中学生の出品点数は697点の内、122点が入選<約5.71倍>し、教育長賞は約87.1倍の高い倍率でした。加えて奨励賞は、115.5倍という高倍率でした。長い時間を費やして描き上げた作品は、何かしら大切な時間の集積を語りかけてくるように感じました。

■2018年12月16(日)9:00~16:40<お昼1時間休憩>まで藤井俊治 助教<本年度、「VOCA展」奨励賞受賞作家>をお招きして「ル・クレイヨン美大系進学教室×成安造形大学 ONE DAY SCHOOL デッサンを学び、自己表現を磨こう」と題した無料講習会を開催致しました。今回は、2~3島の囲みを設け<初心者用~中級者用~上級者用>、モチーフを参加者と共に触ったり、描きたいと思うところを見つけて確認しながら配置しました。そして、配置されたモチーフを4時間半でいかに描き切るかを体験し、合評会も開きました。又、30分程度、大学案内<領域・コースの特色とカリキュラム、年間授業料が59万8千円になる計4回の入試、学生生活、学生作品、新設学生専用アパート YOHAKUの案内、進路、就職先、キャリアサポートプログラムなど>を説明されました。参加料は、無料で、20名の方々の参加を頂きました。

旅の追憶をイメージして
旅の追憶をイメージして

■2018年12月9日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「クロッシェ帽をかぶった女性を描く」会を開催いたしました。

■2018年11月11日(日)10:15~18:00<お昼1時間,15時に30分間休憩>教室の1Fにて「ディズニー&マーベルUSA公認イラストレーター/カズ・オオモリ先生による『自分をキャラクター化しよう!』」と題した無料イラスト講習会を行いました。また、菊地将宗 氏<奈良芸術短期大学 入試広報室 次長>による「大学・短大・専門学校の学費や進路、就職の違いについて」の講話も同時開催されました。小学5年生~中学、高校、予備校、大学、社会人まで参加されました。

■2018年7月29日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「女性ヌードを描く」写生会を開催いたしました。今回は、ギリシア時代の彫刻作品「眠るヘルマフロディトス」を参考にした寝ポーズとしました

■2018年6月1日(金)~6日(水)にかけて鳥取市内の中電ふれあいホール3Fギャラリーにて第7回ル・クレイヨン絵画教室 生徒作品展を開催致しました。多くの方々<約425名>に御高覧いただきました。

■2018年4月22日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「チャイナドレスの中国人女性を描く」会を開催いたしました。光沢感のある赤いチャイナドレスの質感表現が難しかったようでした。

■2018年2月18日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「着衣の白人女性を描く」写生会を開催いたしました。初めての外国人モデルさんで、顔に映る美しい陰影が特徴的でした。

入賞作品 「余暇」 B3判 鉛筆
入賞作品 「余暇」 B3判 鉛筆

平成29年度第15回ジュニア県展【主催/鳥取県・鳥取県教育委員会】に教室生の3名<小学生1名、中学生2名>が出品されました。めでたく全員が入選され、内2名が教育長賞を受賞されました。小学生の方は、2年連続の入選となり大変健闘されました。今展の内訳は、小学生の出品点数は2,786点の内、644点が入選<約4.3倍>。中学生の出品点数は599点の内、139点が入選<約4.3倍>し、教育長賞は約74.9倍の高い倍率でした。左の作品は、描き切りに徹した作品で、空気感までも伝わってくる力作です。

■2017年12月17日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「男性セミヌード写生会」を開催いたしました。セミヌードすので下半身は、短パンをはきました。今回のモデルさんは、長年、ウエイトトレーニングを積まれた方ですので全体のバランスが美しく、人体の骨格、筋肉などが明確に観察できたのではないかと思います。

カズ・オオモリ先生の作品
カズ・オオモリ先生の作品

2017年11月12日(日)10:15~18:00<お昼1時間,15時に30分間休憩>教室の1Fにて「ディズニー&マーベルUSA公認イラストレーター/カズ・オオモリ先生による『各自が好きな映画のポスターをイラストレーションする』」と題した無料講習会を行いました。また、菊地将宗 氏<奈良芸術短期大学 入試広報室 次長>による「大学・短大・専門学校の学費や進路、就職の違いについて」の講話も開催され、今後の指針を授かりました。中学2年生から社会人まで沢山の方々に参加頂き貴重な体験を得ました。午前中、海外のアニメ作品のクオリティの高さ、ポスター作りの必須アイテムなどを学び、それらを踏まえて午後からは、各自が制作に向かいました。さらに、菊地氏による美大の概要を非常に分かり易く、しかも楽しく説明して頂き、受験生には大いに役立ちました。今回のポスター作りにあたって、情報化社会が進み、手軽に膨大で最新の情報を得ることが可能になった現代だからこそ逆に、自分なりの表現方法を探ることがより一層、重要になったのではないかと痛感致しました。

2017年10月1日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「女性ヌード写生会」を開催いたしました。今回は、横臥ポーズでした。

「胡坐をかく女性」
「胡坐をかく女性」

2017年7月16日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「黒いワンピースを着た女性」の写生会を開催いたしました。今回は胡坐をかいていただきピラミッド型の安定したポーズとなりました。また、手の表情がとても美しいモデルさんで関節が美しい陰を作っていました。座像は、人物の大きな塊を捉える格好の課題となり、色彩的には明度差を意識した黒い衣服を纏って頂きました。

                      個展の案内状
     個展の案内状

■2017年6月16日(金)~22日(木)にかけてGallery ANDOH dueにて「Garden  竹氏倫子 油彩画小品展」と題して初個展が開催されました。

僅か2年8ヶ月にも拘わらず、18点もの力作が展示されました。ゆったりとした呼吸で引かれたタッチは、秒針よりも遅く打っているように感じました。そして、その脈動が静謐で品位ある空間感となってギャラーに漂っていました。お人柄もさることながら質の高い素晴らしい個展でした。

   同伴された御母様の作品
   同伴された御母様の作品

2017年6月11日(日)大型バスで「交通費無料 成安造形大学(滋賀県)大学見学会」へ参加しました。今回は、特色ある給付奨学生入試<年4回実施>、改編された各コースの説明、新設学生専用アパート YOHAKUの案内、コンビニ出店予定、進路、就職先、キャリアサポートプログラムなどのお話しを聞き、無料昼食を体験しました。さらに大学施設、学生作品等を見学して、3種類のワークショップの中から夫々が約3時間かけて作品制作しました。①日本画制作②鉄工ラボで鉄の造形物を制作③こまどりアニメーション制作で、大学教授の直接指導の下、実に楽しい経験をさせて頂きました。実感するのは、成安造形は、入試課と先生方の連携が実に上手くとれていて生徒を送り出す立場にある私達にとっては、信頼性を強く感じる大学であるということ。特に、卒業後の就職先の様子を逐次報告して頂く事は保護者はじめ、送りだした我々の責務も全うされる。当日は、休日にも拘わらず、コトコト食堂の職員各位、入試広報センターのスタッフ各位、そして各担当の先生方に大変な御世話を頂きました。心より厚く御礼を申し上げます。

2017年521日(日)の10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて新人のモデルさんによる「女性ヌードを描く会」を開催いたしました。今回は、指導講師の2名がデモンストレーシ致しました。

2017年4月16(日)9:00~16:00<お昼1時間休憩>まで髙田 学講師をお招きして「ル・クレイヨン美大系進学教室×成安造形大学 ONE DAY SCHOOL 鉛筆デッサンを学び、自己表現を磨こう」と題した無料講習会を開催しました。各自に配布された3点のモチーフを4時間でいかに描き切るかを体験し、作品講評会も開かれました。各自の作品に丁寧なアドバイスを頂き、今後の課題を設けました。又、入試広報センター/教育連携研究員の藤井俊治 氏より大学案内<領域・コースの特色とカリキュラム、年間授業料が59万8千円になる計4回の入試、学生生活、学生作品、新設学生専用アパート YOHAKUの案内、進路、就職先、キャリアサポートプログラムなど>を全体と個人に夫々説明されました。一般社会人の方は5名の参加して頂きました。

2017年26日(日)の10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「パナマ帽を被った女性を描く」写生会を開催いたしました。今回は、東京藝大の油画科に合格された生徒さんと指導講師の2名がデモンストレーション致しました。

入選作品:「頂点に立つ王者」 油彩・F8号 <小学4年生時>
入選作品:「頂点に立つ王者」 油彩・F8号 <小学4年生時>

平成28年度第14回ジュニア県展【主催/鳥取県・鳥取県教育委員会】に教室生の4名<小学生3名、中学生1名>が油彩画を出品されました。めでたく全員が入選され、内1名が教育長賞を受賞されました。彼女は、昨年度、知事賞を受賞されたガンバリ屋さんです。内訳は、今展の小学生の出品点数は2,665点の内、538点が入選<約5倍>。中学生の出品点数は765点の内、142点が入選<約5.4倍>し、教育長賞は95.6倍の高い倍率でした。ともかく半年余りかけて描き上げた作品です。最後まで投げ出さず向かった闘志にただただ感心致しました。

2017年1月29日(日)の10:00~17:00(お昼1時間休憩)開講以来2回目となる新モデルによる「男性ヌード写生会」を開催いたしました。参加費<モデル代>は、2,500円でした

 生徒作品 
 生徒作品 

■2016年11月27日(日)の10:00~17:00(お昼1時間休憩)「女性ヌード写生会」を開催いたしました。造形的に大変美しく、透明感のある素肌を持ったとても素晴らしいモデルさんでした。

押切もえさんの素晴らしい心配りのご指導風景
押切もえさんの素晴らしい心配りのご指導風景

■2016年11月7日(月)~9日(水)にかけて「未来のあいサポート大使を探せ」と題し、県あいサポート大使の押切もえさんが来鳥されました。高校生と障がいのある方が共に生活をし、互いに理解しあう交流を設けることが目的です。今回は、100号のキャンバスにアクリル絵の具で「家族」をテ―マに6名で共同制作をされました。鳥取県とテレビ番組製作会社より依頼を受け、ル・クレイヨンの講師2名が制作のサポーターとして、お手伝いさせて頂きました。お互いの個性を尊重しつつ、一つのテーマに向かって作品を作り上げていく様はまさに絵画は、理解と交流を図るに相応しい術だと実感しました。

2016年9月11日(日)の10:00~17:00(お昼1時間休憩)新人モデルによる「女性ヌード写生会」を開催いたしました。造形的に大変美しく、色白なので人体の陰の色が薄紫色に映え、とても素晴らしいモデルさんでした

  案内状より
  案内状より

2016年7月2日(土)~31日(日)にかけてギャラリーそら B1にて吉田安希さんの「硝子の器 展」が開催されました。吉田さんは、20代の大半を鳥取で過ごされ、30代に富山ガラス造形研究所を卒業されました。その後、同研究所の助手、技術スタッフを経験され、2006年より6年間の金沢卯辰山工芸工房ガラス工房専門員を経て、現在は金沢でガラス作家として活躍されています。夏の日差しを透過し、涼やかで洗練された美しい器が並んでいます。富山を受験される時、貴重な時間をぬってデッサンを数多くこなされました。美大出身者でしたのでデッサン力は、群を抜いていました。決してぶれることのない吉田さんの姿勢にただただ脱帽致します。

    会場風景
    会場風景

2016年7月9日(土)に大阪梅田スカイビル10Fにて「美術・デザイン・クリエイティブ・ものづくり系の52学校の作品展示&進学相談会」【さんぽう主催】が開催されました。今年も教室へ交通費無料の送迎用バスが手配され、美術に興味のある生徒、保護者、一般社会人の方々が参加されました。特に、小学生、中学生、保護者の方が参加され、見学の後、買い物や空中庭園見学などして楽しい一日を過ごしました。(レクリエーション保険付き)

清々しい今回の衣装
清々しい今回の衣装

2016年7月3日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて16名<デモンストレーター1名>の方々の参加を頂き「夏服を着た女性を描く」写生会を実施しました。今回は、キュートな服装のモデルさんが放つ初々しさと若々しいエネルギーを感じ取りながら夫々の方が筆を走らせました。

  織物体験コーナー
  織物体験コーナー

2016年6月19日(日)に教室では初企画として「体験入学 美大で本格的な制作を体験!」と題する京都嵯峨芸術大学<京都市>企画に参加致しました大学側が鳥取~大学間の無料送迎大型バスを用意され、21名の参加者は19個のメニューの中から1個選択して約5時間にわたり実習授業を体験しました。昼食(ドリンク付き)も無料サービスされ、美大の講義の一コマを体感できまた。

2016年6月5日(日)に「ONE DAY SEIAN LIFE (ベストな一日!)」と題する成安造形大学<滋賀県>のオープンキャンパスに参加致しました。大学側が鳥取~大学間の交通費無料送迎大型バスを用意され、全員が昼食、ケーキ、ウェルカムドリンクを全て無料で頂き様々な企画に参加しました。生徒、保護者、一般社会人の方々36名にご参加頂き、入試相談、給付奨学生入試(国公立大並みの学費が4年間保証される制度)進学相談、就職相談、作品講評、合格作品鑑賞、在学生の作品鑑賞、各種ワークショップ、特別セミナー、大学の新寮説明などを自由に見学し体験致しました。

2016年4月24日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて新モデルさんによる「女性ヌードを描く」会を実施致しました容姿端麗なモデルさんでした。17名の方々の参加を頂きました

制作に励む一般社会人の方々
制作に励む一般社会人の方々

2016年4月3日(日)9:00~15:20<お昼1時間休憩>に教室1Fにて「質感の描き分け方法」と題して無料演習を行いました。講師は、成安造形大学の岸田 保 准教授です。先生は現在、滋賀県の成安造形大学のイラストレーション領域で教鞭をとっておられます。美大の「視覚認知論」に関する実習が体験できる人気のある講座で、配布された3種類のモチーフ<透明球、金属球、テフロン球>の描写を行いました。光について正反射光、拡散反射光1・2・3、表面反射光、透過光、内面反射光等の詳細な説明と肉眼での認識を通して夫々が成果を発揮した作品が生まれました。一般社会人の方が、6名も参加して頂き大変感謝しております。<無料送迎付き>

イラストレーションコースの作品
イラストレーションコースの作品

2016年2月20日(土)に交通費無料にて奈良芸術短期大学の卒業制作展を鑑賞旅行致しました。教室出身者でメディアデザインコースの3名が優秀賞、佳作賞を独占し、2年間の有終の美を飾りました。今回は、4名もの一般社会人の方々が参加され、油彩画、教授展等を熱心に鑑賞されました。

日傘を持つ和服の女性
日傘を持つ和服の女性

2016年1月31日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて新モデルさんによる「和服を着た女性を描く」会を実施致しました。とても美しい顔立ちと所作が印象的な素晴らしいモデルさんでした。

左のコピーを基に色塗りする参加者
左のコピーを基に色塗りする参加者

2015年12月6日(日)に国際的デザイナー、イラストレーターとして活躍されているカズ・オオモリ先生が来室され、「色彩構成の基礎演習」の講習を行いました。参加費は無料で、参加者は26名でした。対象者は、小学校5年生~一般社会人の方々まで幅広く、最も基礎的な色彩構成を分かりやすく指導されました。内容は、親しみやすい『馬』をモチーフに「今の気分で5色の色決めをして、自分の馬を色塗りする」ものでした。塗り絵感覚で楽しみながら、夫々の個性ある馬が仕上がりました。ディズニー映画の専属デザイナーとして確かなスキルと情報の豊さに驚きながらも、制作の合間に映画の楽しいお話しも交えて夢のような一日でした。社会人の方が、8名も参加され たのはとても有難いことでした。

秋らしい落ち着いた着物姿
秋らしい落ち着いた着物姿

2015年11月8日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「和服を着た女性を描く」会を実施しました。姉に着付けをしてもらい、初めての和服モデルの写生会となりました。人体が大きな面でさばけるため描き易いモチーフとなり、皆様には好評でした。当日は、デモンストレーター2名、指導講師1名が入りました。次回は、1月31日(日)に新モデルさんによる和服を着た女性を描く会を、また4月下旬に新モデルさんによる女性ヌード写生会を予定しております。

     当日のモデルさん
  当日のモデルさん

2015年9月13日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「チャイナドレスの女性」の写生会を実施しました。オーダーメイドの衣装と肌の美しさが相まって見応えのあるモチーフでした。次回は、11月8日(日)に「和服を着た女性」をモデルに写生会を予定しております。

住所

〒680-0908 

鳥取県鳥取市賀露町西1丁目1675-22

営業時間

月曜日  9:30~12:30

月曜日   17:00~20:00

火曜日   17:00~20:00

水曜日      定 休 日  

木曜日    定 休 日

金曜日      定 休 日 

土曜日    9:45~16:45 

日曜日    9:45~16:45

(但し、講習会中は別途)

定休日

水曜日、第5週目の曜日

(但し、講習会中は別途)

電話番号・FAX

0857-28-8686