ごあいさつ  ~感動や思いを色や形に託して~

◆ル・クレイヨン絵画教室では、自由で伸び伸びとした雰囲気の中、各々の個性と感性を尊重しながら創造する喜びを大切にいたします。

 

◆作品の制作や鑑賞を通して日々の生活の中に安らぎと潤いを感じ、心豊かで感受性に富んだ心情を育めるよう心掛けます。

 

◆表現する上での色彩や形体、道具についての基礎的な知識や能力を重要視し、それらを習得できるように努めます。

「黒いワンピースを着た女性を描く」で社会人の方の途中作品<7/16(日)>
「黒いワンピースを着た女性を描く」で社会人の方の途中作品<7/16(日)>

新着情報

カズ・オオモリ先生の作品
カズ・オオモリ先生の作品

■11月12日(日)10:15~18:00<お昼1時間,15時に30分間休憩>教室の1Fにて「ディズニー&マーベルUSA公認イラストレーター/カズ・オオモリ先生による『各自が好きな映画のポスターをイラストレーションする』」と題した無料講習会を行いました。また、菊地将宗 氏<奈良芸術短期大学 入試広報室 次長>による「大学・短大・専門学校の学費や進路、就職の違いについて」の講話も開催され、今後の指針を授かりました。中学2年生から社会人まで沢山の方々に参加頂き貴重な体験を得ました。午前中、海外のアニメ作品のクオリティの高さ、ポスター作りの必須アイテムなどを学び、それらを踏まえて午後からは、各自が制作に向かいました。さらに、菊地氏による美大の概要を非常に分かり易く、しかも楽しく説明して頂き、受験生には大いに役立ちました。今回のポスター作りにあたって、情報化社会が進み、手軽に膨大で最新の情報を得ることが可能になった現代だからこそ逆に、自分なりの表現方法を探ることがより一層、重要になったのではないかと痛感致しました。

■New! 11月・12月平常教室のお休みについて

11月12日(日)は、ウォルト・ディズニ-公認イラストレーター/カズ・オオモリ先生による講習会に付き休講致します。又、30日(木)は、第5週目に付き平常教室をお休みと致します。

12月17日(日)は、男性セミヌード写生会のため平常教室は休講と致します。又、29日(金)~31日(日)は、第5週目に付き平常教室をお休みと致します。

各位共に、ご迷惑をおかけ致しますが、代替日を設けて御振り替えください

■10月1日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「女性ヌード写生会」を開催いたしました。今回は、横臥ポーズでした。次回は12月17日(日)に「男性のセミヌード写生会」を10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて開催予定です。定員は、22名<現在、残席18名>。モデル代金は、3000円です。参加ご希望の方は、お早目に教室へご連絡ください。

「胡坐をかく女性」
「胡坐をかく女性」

■7月16日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「黒いワンピースを着た女性」の写生会を開催いたしました。今回は胡坐をかいていただきピラミッド型の安定したポーズとなりました。また、手の表情がとても美しいモデルさんで関節が美しい陰を作っていました。座像は、人物の大きな塊を捉える格好の課題となり、色彩的には明度差を意識した黒い衣服を纏って頂きました。次回は、10月1日(日)に「女性ヌードを描く」会を10:00~17:00まで開催いたします。定員は、22名。モデル代は3,300円です。

   同伴された御母様の作品
   同伴された御母様の作品

■6月11日(日)大型バスで「交通費無料 成安造形大学(滋賀県)大学見学会」へ参加しました。今回は、特色ある給付奨学生入試<年4回実施>、改編された各コースの説明、新設学生専用アパート YOHAKUの案内、コンビニ出店予定、進路、就職先、キャリアサポートプログラムなどのお話しを聞き、無料昼食を体験しました。さらに大学施設、学生作品等を見学して、3種類のワークショップの中から夫々が約3時間かけて作品制作しました。①日本画制作②鉄工ラボで鉄の造形物を制作③こまどりアニメーション制作で、大学教授の直接指導の下、実に楽しい経験をさせて頂きました。実感するのは、成安造形は、入試課と先生方の連携が実に上手くとれていて生徒を送り出す立場にある私達にとっては、信頼性を強く感じる大学であるということ。特に、卒業後の就職先の様子を逐次報告して頂く事は保護者はじめ、送りだした我々の責務も全うされる。当日は、休日にも拘わらず、コトコト食堂の職員各位、入試広報センターのスタッフ各位、そして各担当の先生方に大変な御世話を頂きました。心より厚く御礼を申し上げます。

■521日(日)の10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて新人のモデルさんによる「女性ヌードを描く会」を開催いたしました。今回は、指導講師の2名がデモンストレーシ致しました。

4月16(日)9:00~16:00<お昼1時間休憩>まで髙田 学講師をお招きして「ル・クレイヨン美大系進学教室×成安造形大学 ONE DAY SCHOOL 鉛筆デッサンを学び、自己表現を磨こう」と題した無料講習会を開催しました。各自に配布された3点のモチーフを4時間でいかに描き切るかを体験し、作品講評会も開かれました。各自の作品に丁寧なアドバイスを頂き、今後の課題を設けました。又、入試広報センター/教育連携研究員の藤井俊治 氏より大学案内<領域・コースの特色とカリキュラム、年間授業料が59万8千円になる計4回の入試、学生生活、学生作品、新設学生専用アパート YOHAKUの案内、進路、就職先、キャリアサポートプログラムなど>を全体と個人に夫々説明されました。一般社会人の方は5名の参加して頂きました。

26日(日)の10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「パナマ帽を被った女性を描く」写生会を開催いたしました。今回は、東京藝大の油画科に合格された生徒さんと指導講師の2名がデモンストレーション致しました。

入選作品:「頂点に立つ王者」 油彩・F8号 <小学4年生時>
入選作品:「頂点に立つ王者」 油彩・F8号 <小学4年生時>

平成28年度第14回ジュニア県展【主催/鳥取県・鳥取県教育委員会】に教室生の4名<小学生3名、中学生1名>が油彩画を出品されました。めでたく全員が入選され、内1名が教育長賞を受賞されました。彼女は、昨年度、知事賞を受賞されたガンバリ屋さんです。内訳は、今展の小学生の出品点数は2,665点の内、538点が入選<約5倍の狭き門>。中学生の出品点数は765点の内、142点が入選<約5.4倍>し、入賞は何と約7.2倍の高い倍率でした。ともかく半年余りかけて描き上げた作品です。最後まで投げ出さず向かった闘志にただただ感心致しました。

1月29日(日)の10:00~17:00(お昼1時間休憩)開講以来2回目となる新モデルによる「男性ヌード写生会」を開催いたしました。参加費<モデル代>は、2,500円でした

 生徒作品 
 生徒作品 

■2016年11月27日(日)の10:00~17:00(お昼1時間休憩)「女性ヌード写生会」を開催いたしました。造形的に大変美しく、透明感のある素肌を持ったとても素晴らしいモデルさんでした。

2016年9月11日(日)の10:00~17:00(お昼1時間休憩)新人モデルによる「女性ヌード写生会」を開催いたしました。造形的に大変美しく、色白なので人体の陰の色が薄紫色に映え、とても素晴らしいモデルさんでした

  案内状より
  案内状より

2016年7月2日(土)~31日(日)にかけてギャラリーそら B1にて吉田安希さんの「硝子の器 展」が開催されました。吉田さんは、20代の大半を鳥取で過ごされ、30代に富山ガラス造形研究所を卒業されました。その後、同研究所の助手、技術スタッフを経験され、2006年より6年間の金沢卯辰山工芸工房ガラス工房専門員を経て、現在は金沢でガラス作家として活躍されています。夏の日差しを透過し、涼やかで洗練された美しい器が並んでいます。富山を受験される時、貴重な時間をぬってデッサンを数多くこなされました。美大出身者でしたのでデッサン力は、群を抜いていました。決してぶれることのない吉田さんの姿勢にただただ脱帽致します。

    会場風景
    会場風景

2016年7月9日(土)に大阪梅田スカイビル10Fにて「美術・デザイン・クリエイティブ・ものづくり系の52学校の作品展示&進学相談会」【さんぽう主催】が開催されました。今年も教室へ交通費無料の送迎用バスが手配され、美術に興味のある生徒、保護者、一般社会人の方々が参加されました。特に、小学生、中学生、保護者の方が参加され、見学の後、買い物や空中庭園見学などして楽しい一日を過ごしました。(レクリエーション保険付き)

清々しい今回の衣装
清々しい今回の衣装

2016年7月3日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて16名<デモンストレーター1名>の方々の参加を頂き「夏服を着た女性を描く」写生会を実施しました。今回は、キュートな服装のモデルさんが放つ初々しさと若々しいエネルギーを感じ取りながら夫々の方が筆を走らせました。

  織物体験コーナー
  織物体験コーナー

2016年6月19日(日)に教室では初企画として「体験入学 美大で本格的な制作を体験!」と題する京都嵯峨芸術大学<京都市>企画に参加致しました大学側が鳥取~大学間の無料送迎大型バスを用意され、21名の参加者は19個のメニューの中から1個選択して約5時間にわたり実習授業を体験しました。昼食(ドリンク付き)も無料サービスされ、美大の講義の一コマを体感できまた。

2016年6月5日(日)に「ONE DAY SEIAN LIFE (ベストな一日!)」と題する成安造形大学<滋賀県>のオープンキャンパスに参加致しました。大学側が鳥取~大学間の交通費無料送迎大型バスを用意され、全員が昼食、ケーキ、ウェルカムドリンクを全て無料で頂き様々な企画に参加しました。生徒、保護者、一般社会人の方々36名にご参加頂き、入試相談、給付奨学生入試(国公立大並みの学費が4年間保証される制度)進学相談、就職相談、作品講評、合格作品鑑賞、在学生の作品鑑賞、各種ワークショップ、特別セミナー、大学の新寮説明などを自由に見学し体験致しました。

2016年4月24日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて新モデルさんによる「女性ヌードを描く」会を実施致しました容姿端麗なモデルさんでした。17名の方々の参加を頂きました

制作に励む一般社会人の方々
制作に励む一般社会人の方々

2016年4月3日(日)9:00~15:20<お昼1時間休憩>に教室1Fにて「質感の描き分け方法」と題して無料演習を行いました。講師は、成安造形大学の岸田 保 准教授です。先生は現在、滋賀県の成安造形大学のイラストレーション領域で教鞭をとっておられます。美大の「視覚認知論」に関する実習が体験できる人気のある講座で、配布された3種類のモチーフ<透明球、金属球、テフロン球>の描写を行いました。光について正反射光、拡散反射光1・2・3、表面反射光、透過光、内面反射光等の詳細な説明と肉眼での認識を通して夫々が成果を発揮した作品が生まれました。一般社会人の方が、6名も参加して頂き大変感謝しております。<無料送迎付き>

イラストレーションコースの作品
イラストレーションコースの作品

2016年2月20日(土)に交通費無料にて奈良芸術短期大学の卒業制作展を鑑賞旅行致しました。教室出身者でメディアデザインコースの3名が優秀賞、佳作賞を独占し、2年間の有終の美を飾りました。今回は、4名もの一般社会人の方々が参加され、油彩画、教授展等を熱心に鑑賞されました。

日傘を持つ和服の女性
日傘を持つ和服の女性

2016年1月31日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて新モデルさんによる「和服を着た女性を描く」会を実施致しました。とても美しい顔立ちと所作が印象的な素晴らしいモデルさんでした。

左のコピーを基に色塗りする参加者
左のコピーを基に色塗りする参加者

2015年12月6日(日)に国際的デザイナー、イラストレーターとして活躍されているカズ・オオモリ先生が来室され、「色彩構成の基礎演習」の講習を行いました。参加費は無料で、参加者は26名でした。対象者は、小学校5年生~一般社会人の方々まで幅広く、最も基礎的な色彩構成を分かりやすく指導されました。内容は、親しみやすい『馬』をモチーフに「今の気分で5色の色決めをして、自分の馬を色塗りする」ものでした。塗り絵感覚で楽しみながら、夫々の個性ある馬が仕上がりました。ディズニー映画の専属デザイナーとして確かなスキルと情報の豊さに驚きながらも、制作の合間に映画の楽しいお話しも交えて夢のような一日でした。社会人の方が、8名も参加され たのはとても有難いことでした。

秋らしい落ち着いた着物姿
秋らしい落ち着いた着物姿

2015年11月8日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「和服を着た女性を描く」会を実施しました。姉に着付けをしてもらい、初めての和服モデルの写生会となりました。人体が大きな面でさばけるため描き易いモチーフとなり、皆様には好評でした。当日は、デモンストレーター2名、指導講師1名が入りました。次回は、1月31日(日)に新モデルさんによる和服を着た女性を描く会を、また4月下旬に新モデルさんによる女性ヌード写生会を予定しております。

     当日のモデルさん
  当日のモデルさん

2015年9月13日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>にかけて「チャイナドレスの女性」の写生会を実施しました。オーダーメイドの衣装と肌の美しさが相まって見応えのあるモチーフでした。次回は、11月8日(日)に「和服を着た女性」をモデルに写生会を予定しております。

2015年7月11日(土)に大阪梅田スカイビルにて「美術・デザイン・映像・写真・アニメ・漫画・芸術学系の47学校の進学相談会」【さんぽう主催】並びに作品講評会が開催されました。今年も教室へ交通費無料の送迎用バスが手配されました。昨年より11校少ない規模でしたが、充実した4時間を過ごすことができました。関東圏の美大・芸大のご参加を願っています。一般社会人の方々が6名も参加され、各大学の教授陣に作品講評をして頂きました。

  当日のポーズ
  当日のポーズ

2015年6月21日(日)午前10:00~午後5:00まで教室1F制作室にて「口紅をさす女性を描く会」を開催いたしました。参加者20名<内、1名はデモンストレーター>のご意向をもとに、モデルさんが鏡を覗く仕草に女性特有の美しさを感じ、今回の固定ポーズと致しました。一種の儀式にも似て、変わっていく鏡の中の自分を見つめる「表情」を表現できたならばと願いながら敢えて難問を投げかけました。

   当日のモデルさん
当日のモデルさん

2015年4月5日(日)午前10:00~午後5:00まで教室1F制作室にて「帽子を被った女性を描く会」を開催いたしました。今回は、帽子を被ることによって顔により深い陰を作り肌の微妙な色の変化を狙いました。また、黒い衣装を着て頂き、黒を感じる色彩がいかに使えるかどうかを課題にしました。次回は、6月を予定しております。造形的に美しく、魅力的で透明感のあるモデルさんです。多くの方々のご参加をお待ち致しております。

大変な根気と集中力が試された課題
大変な根気と集中力が試された課題

2015年3月29日(日)午前9:00~午後4:30まで教室1F制作室にて「彩度を意識した色の作り方」と題して無料実習を開催いたしました。指導講師は岸田 保 准教授と森田 存先生です。両氏は現在、滋賀県の成安造形大学のイラストレーション領域で教鞭をとっておられます。絵の具、紙類は大学がご用意され、各自2枚の色彩基礎演習作品を制作しました①補色同士の混色によるグラデーションチャート作成により、彩度に対する感覚(弁別閾・刺激閾)を養う。②低彩度~高彩度補色の組み合わせチャート作成により彩度による視覚刺激の強弱をコントロールできるようになる。の2課題でした。美大の色彩に関する実習が体験できた実りある1日でした。

         モデルさんの横顔
モデルさんの横顔

◆2014年12月7日(日)10:00~17:00<お昼1時間休憩>の6時間<実ポーズ4時間>女性の浴衣姿の写生会を実施しました。

モデル代を含めた参加料は2000円でした。透明感のある実に美しいモデルさんに完成度の高い作品が生まれました。今回の指導講師は2名でした。次回は、4月初旬に帽子を被る女性を同モデルさんに御願い致しました。

  第2回 安木静恵 作品展の会場風景
第2回 安木静恵 作品展の会場風景

◆2014年11月27日(木)~12月2日(火)にかけて鳥取市内のギャラリー・あんどう1Fにて「第2回 安木 静恵 作品展」が開催されました。油彩を描かれ始めて23年目の彼女が、5年振りに初期から現在までの油彩画やパステル画43点を展覧され、沢山の方々にご高覧を頂きました。

大病を乗り越えられて2度にわたる個展に挑戦されるお姿に頭がさがる思いです。日本海新聞にも掲載され、充溢した7日間でした。

 展覧会の模様
 展覧会の模様

◆2014年10月17日(金)~31日(金)まで鳥取市尚徳町にある鳥取赤十字病院の2Fロビーで絵画グループによる第6回「白いパレット」作品展を開催致しました

同グループは、昭和52年に鳥取赤十字病院の職員の方々が油絵同好会を発足され、紆余曲折されながら今年で早38年を迎えました。現在も6名の方々が趣味の域を越えた質の高い作品を制作されています。

今回は、同病院のご厚意により開催する運びとなりました。患者さんやお見舞いに来られた方、そこで働かれる職員の方々がホッとする心の休息空間を感じて頂けたなら幸いです。F0号からP15号までデッサンを始めパステル画や油彩画21点が展示され、多くの方々にご高覧を頂きました。

今回の固定ポーズは横臥
今回の固定ポーズは横臥

◆2014年10月5日(日)新人のモデルさんによる女性ヌード写生会を(希望者のみ)6時間実施しました。描写力向上に不可欠な課題です。今回もデモンストレーター1名、指導講師2名体制で行いました。

次回は、12月7日(日)に美しい女性の浴衣姿の写生会<モデル代2000円>を予定しています。

 一番人気の東京藝大生のブース
 一番人気の東京藝大生のブース

◆2014年7月12日(土)に大阪梅田スカイビルにて「美術・デザイン・映像・写真・アニメ・漫画・芸術学系の58学校の進学相談会」【さんぽう主催】並びに作品講評会が開催されました。教室では交通費無料の送迎バスが手配され多くの生徒、保護者の方々が参加されました。

参加生徒は「特に、東京藝大、沖縄県立芸大、成安造形大、奈良芸短は非常に熱心な作品講評が印象的で好感を抱きました」、「国公立大で合格者の作品展示が間近に見えたのはとても参考になった」、「関東圏の美大が非常に少なく志望校が出展されてなかったのがとても残念だった」、「ブースが少し狭すぎて待ち時間が長かった」、「休憩場所が少ないので少し困った」、「イラストコンクールの結果発表をもう少し早めてほしい」などの感想が集まりました。

動物を熱心にスケッチする生徒
動物を熱心にスケッチする生徒

◆2014年6月8日(日)に成安造形大学<滋賀県>のオープンキャンパスに参加致しました。

大学は鳥取~大学間の交通費無料送迎バスを2台もご用意されました。昼食、ケーキ・飲み物セット、ウェルカムドリンクも全て無料で頂き楽しい1日を満喫しました。

49名の生徒、保護者の方々にご参加頂き入試相談、給付奨学生入試(国公立大並みの学費が4年間保証される制度)進学相談、就職相談、作品講評、合格作品鑑賞、特別企画の動物を描こう写生会、先輩たちとの交流と在学生の作品鑑賞、各種ワークショップ体験などを自由に回りました。

琵琶湖を一望できる環境の素晴らしさと歴史ある文化的風土、そして何よりも入試センターの方々の心温まるおもてなしと先生方の大変熱心な対応がとても印象的でル・クレの生徒には一番人気の大学です。

的確な解説をされる湯浅一央先生
的確な解説をされる湯浅一央先生

◆2014年6月6日(金)に教室にて午後5時~8時まで「’14湘南美術学院<神奈川県>による関東圏の芸大、美大の進学ガイダンス」<参加費は無料>を開催致しました。

佐藤友則先生(油画担当)と湯浅一央先生(デザイン・工芸、進路担当)のお二方をお招きして東京藝大、武蔵野美術大、多摩美術大などの合格者作例(入試再現作品も含む)を多数持参され、作品解説を通じて芸大・美大入試の現状や各専攻の特徴や傾向を非常に面白く、しかも分かり易くお話されました。非常にクオリティの高い作品の数々に圧倒されました。一般社会人の方は2名も参加され、水彩と油彩を講評して頂きました。

2014年5月9日(金)~11日(日)にかけて鳥取市南隈のコミュニティプラザ百花堂にて「ぼっくす+展」と題するグループ展が開催されました。教室からは伊吹春香さんがイラスト作品を出品されました。様々なジャンルの作家たちのワークショップも開かれました。

◆2014年4月1日より消費税が8%にアップ致しましたが、教室は便乗値上げは一切行わず、現状<平成24年4月以降>のままと致します。また、既に御入会の方々は、会則通り、御入会時の月謝のままですのでご承知おきください。

ニケ像を有する大石膏室
ニケ像を有する大石膏室

◆2014年2月16日(日)、奈良芸術短期大学の卒業制作展と奈良県立美術館の「美の世界」~近現代美術の100年~の鑑賞旅行を致しました。

日帰りで、小型貸し切りバスをチャーターして16名の方々が参加されました。食事・美術館入館料は別でお一人様のご負担額は800円でした。

奈良芸の力作150点余りとニケ像などを有する大石膏室見学をした後、上村松園、平山郁夫、徳岡神泉、富本健吉、田中一光、白髪一雄、絹谷幸二など名品の数々約120点を鑑賞しました。

ゆったりとした奈良の風情に触れた一日でした。

宮嶋愛子個展の会場風景
宮嶋愛子個展の会場風景

*2013年10月8日(火)~14日(月)にかけて鳥取市南隈のコミュニティプラザ百花堂にて百花堂支援作品展として「宮嶋愛子個展ー天佑の旅ー」と題する初の日本画展が開催されました。

F3号からP80号まで計30点が展示され多くの方々にご高覧頂きました。教室で約9年余り、木炭による石膏デッサンを数多く描かれ力を磨かれました。写実に徹した力作が数多く、宮嶋さんの実直なお人柄がそのまま作品に表れていました。彼女の自然に対する崇高な眼差しが、観る人にゆったりと語りかけているように思いました。会場に張りつめた凛とした空気は窓外を駆け抜ける秋風のようにとても爽やかでした。

*2013年4月7日(日)女性ヌード写生会を6時間実施しました。14名の方々に参加して頂きました。今回は、「油彩道具について」簡単な講義を行いました。今回は、新人のデモンストレーターが参加して画材の情報を提供してくれました。

  展覧会場の様子
  展覧会場の様子

*百花堂様の御支援により2013年2月22日(金)~28日(木)にかけて鳥取市南隈のコミュニティプラザ百花堂にて9年振りに第6回ル・クレイヨン絵画教室 生徒作品展が開催されました。

有志16名と指導講師1名が52点出品致しました。厳寒の時期に加え年度末の慌しい中、約300名の方々のご高覧を頂きました。また、沢山の方々から御祝いや激励のお言葉を頂戴しました。心より厚く御礼を申し上げます。

  伊吹春香さんの作品
  伊吹春香さんの作品

*教室の生徒さんのお一人である伊吹春香さんの第2回目の個展「街時間」が2013年1月26日(土)~31日(木)にかけて鳥取市内の五臓圓ギャラリーで開催されました。

中でもアニメーション作品はとても感動的で彼女の優しい感性がほのぼのと伝わってきました。鳥取にこうした若い芽が育っているのを見ると、我々県民は温かくサポートしてあげなければならないと痛感します。一人でも多くの方々のご来場を願うばかりです。

*2013年1月20日(日)女性ヌード写生会を6時間実施しました。16名の方々に参加して頂きました。今回は、「女性の骨格について」簡単な講義を行いました。

住所

〒680-0908 

鳥取県鳥取市賀露町西1丁目1675-22

営業時間

月曜日  9:30~12:30

火曜日  17:00~20:00

水曜日    定  休  日  

木曜日  17:00~20:00   

金曜日    現在、休講中  

土曜日    9:45~16:45 

日曜日    9:45~16:45

(但し、講習会中は別途)

定休日

水曜日、第5週目の曜日

(但し、講習会中は別途)

電話番号・FAX

0857-28-8686